hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2009年12月19日

自筆で書く遺言のこと

講座でお話させていただいたことですが、
ご自身の筆による遺言自筆証書遺言といいます)は、
無効になる危険性が本当に大きいと、経験から考えています。

市内の無料相談会で、
「これで大丈夫か」と相談に見えられて、
お書きになった遺言を拝見するのですが、
5割以上は無効になる可能性のあるものでした。



もし、自筆で書かれる場合は、
次の法律で定められていることを必ず守って作成してください。


◆法律で定められている自筆証書遺言の方式

 1.遺言者ご本人が、全文、日付、氏名を書く。
   パソコンで書いたものは×です。
   ビデオ・録音などの遺言も×。

 2.遺言者ご本人が押印する。

【注意点】
 ▼日付は特定できる記述に。
   2009年12月19日 → ○
   2009年12月吉日 → ×
 ▼2人以上の方が同じ書面に遺言することは禁止されています。
   夫婦の連名などのことです。
   意外にこの点に関して書いていない市販本もあるので注意です。



やはり、自筆で作成する場合は、
お近くの専門家にお見せになると良いと思います。

あるいは、公証人の手数料が必要ですが、
作成した遺言を公証役場で、公正証書遺言にするというのも手です。


皆さんの遺言が有効となり、しっかりと実現されるよう、
十分に注意して作成してくださいね。



【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも、よろしければ押してやって下さい】
blogram投票ボタン

posted by 知的資産経営ナビゲーター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言・事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

相続・遺言ミニ講座の模様

昨日の「相続・遺言ミニ講座」の件

souzoku-yuigon.jpg

↑のように、お宅でさせていただきました。

資料を作成し、それに基づいて話しました。


また、これまで相続・遺言に関するご相談を受けてきた経験も元に、
お話しできる限りで、リアルな問題も織り交ぜました。


遺言のお話は、この時はちょっと触れただけでしたが、
皆さん、非常に関心が高く、
「こういう場合は書いた方が良いのか」など、
様々な質問を出していただきました。


二回目(続き)を年明けに行う予定です。

今後、このような機会をどんどん持って行きたいです!


【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも、よろしければ押してやって下さい】
blogram投票ボタン


ラベル:遺言 相続
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言・事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

相続・遺言ミニ講座

今日は「相続・遺言ミニ講座」の第一回でした!

皆さん、ご自身に引き付けてお考えで、
色々なご質問やお話が出されました。


たくさん書きたいことがあるのですが、
これから出かけますので、
また明日ご報告したいと思います!



【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも、よろしければ押してやって下さい】
blogram投票ボタン

ラベル:遺言 相続
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言・事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

明日は相続・遺言ミニ講座

明日、「相続・遺言ミニ講座」を開催いたします。

明日は3回講座の第一回目。

少人数でアットホームな雰囲気でやりたいと思います。

質問もいつでもOKということで。



以前から、こういう事をやりたいと考えていましたので、
開催できてとても嬉しいです。

相続や遺言の分野は、テレビなどの影響もあり、
法律的には誤っていたり、理解が不十分であったりする場合が多いです。

そのような中で「万が一」が起こってしまったら、
本当に取り返しのつかないことになります。

私も実際、不十分な理解をされていたがために、
「無効」の可能性の非常に高い遺言書などを拝見したことがあります。

こういうことを無くして、
「円満かつスムーズ」な相続をしていただくことが、私の願いです。



ということで、今日は明日に備えて早めに休みま〜す眠い(睡眠)


【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも、よろしければ押してやって下さい】
blogram投票ボタン

posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言・事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

相続・遺言のミニセミナーをやります

近日、ご近所の方のお招きで、
「相続・遺言」の少人数セミナーをすることになりました。

しかも今月と年明け二回の3回連続講座という形で!

とても有難いお話です。

少人数ですから、アットホームな雰囲気でやりたいと思います。



さて、今日は中小企業経営にとどまらないお話ですが、
相続・遺言にかかわって――

最近は、権利意識の高まりや昨今の経済状況もあって、
昔の「常識」「社会通念」のようなものは通じなくなっています。

「常識」というのは、
例えば、
「財産は全て長男が引き継ぐもの」
「妹・弟は相続放棄して当たり前」

といったようなものです。

(確かに戦前は、長男が「家督相続」で全て相続していたわけですが)


民法には、各相続人の相続分が定められています。
「自分の相続分だけでも相続したい」という意識は高まっている上に、
その権利もちゃんと当然あるわけです。

ですから、
勝手な「常識」で相続(あるいはその準備)をすすめることは、
家族同士の大きなトラブルを引き起こす引き金
にもなりかねません。



相続に直面されている方、相続の準備をされている方は、

必ず法律とつきあわせるとか、
私ども行政書士や各種専門家と相談するなどで、

どうすればトラブルを避けられるか、
「家族円満」に相続を終えることができるか、
考えてみてください。



【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも、よろしければ押してやって下さい】
blogram投票ボタン

ラベル:相続 遺言
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言・事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。