hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2012年01月11日

答えはとても単純なもので:固定資産税課税明細書の件

皆さん こんにちは。

能登川は、夜から異常なくらいに冷え込みだし、
雪がちらついてきました。少しは積もるかな?



さて、今日は、
本ブログの7日に書きました
『固定資産税課税明細書に載っていない不動産』の件↓↓
http://chiteki-shisan.seesaa.net/archives/20120107-1.html


昨日、市役所(能登川支所)に行きまして、
固定資産税評価証明書を取得。

(ちなみに委任状をお客様からいただければ、
 こういう風に私たちも取ることができます。)

すると、家も土地も証明書が出てきたんです。


――ただ、家と土地で1通ずつになって。


つまり、
土地の方は、お亡くなりになった方お一人の名義だったので、土地で1通。
家の方は、その方と相続人のうちのお一人との共有名義だったので、家で1通。
として、分かれていたわけで。

固定資産税課税明細書に載っていなかったのは、
載っていなかったわけではなく、
載っている明細書を残しておられなかったということで。



ともかく取得できて良かったです。

これが無いと、
私が遺産分割協議書の書面を作成した後、
登記のために司法書士さんに仕事が移っていったときに、
登録免許税の計算に困りますし。

(登録免許税の計算には、一般にまず、
 証明書にかかれている固定資産税評価額が使われます。)


答えはとてもシンプルでしたが、
ホッとした件でした。


今日もお読みいただきありがとうございました!!
タグ:相続
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言・事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

今日の講座で

今日の相続・遺言ミニ講座は、
無事に終わりましたわーい(嬉しい顔)

出席の方と、
お茶しながら、
おしゃべりしながらの話ですので、
時間はすぐに過ぎちゃいます。


それで、その「おしゃべり」の中で、
出てきたのが、

「特上カバチ、見てるわ〜。」
「あれ行政書士やろ。」
「けっこう面白い。」

というお声。

特上カバチというのは、
櫻井翔さん演じる行政書士(の補助者)と
堀北真希さん演じる行政書士が、
主人公のTVドラマ。

TBS「日曜劇場『特上カバチ!!』」HP
http://www.tbs.co.jp/tokujyokabachi/


正直そんなに見られていないんじゃないか、
と思っていたので、驚きました。

TVの影響力はスゴイです。


今日のお話の中でも、
公正証書遺言についてを説明する中で、
「公証人という方がいて」云々という旨の話をしました。

その話の流れの中でも、
「そういえば、公証人が主人公のTVドラマ(推理系)があったわ。」
「公証人だから、ドラマでも遺言書がカギになるんやね。」
ということが。

確かに、公正証書や公証人なんて、
私も行政書士の仕事をしていなかれば、存在を知りませんでしたし。


TVドラマはフィクションなので、
弁護士などのドラマと同じく、
「○○士はそんなことしない(できない)よ〜」と思う部分も沢山あるのですがわーい(嬉しい顔)
それでも、行政書士が主人公で、こうやって日々の話のタネになり、
嬉しく思うのでした。


【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも応援よろしくお願いいたします】
blogram投票ボタン

タグ:カバチタレ
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言・事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

ミニ講座2回目、明日

明日、
相続・遺言ミニ講座第2回をやります!

連続三回講座なので、
前回からの続きとなります。


今回の講座は、
各1時間という短い時間で、
お話させていただく約束になってまして、
結構タイトな日程なんですたらーっ(汗)

ですので、
話す内容の割り振りをよくよく考えていかないと。

分かりやすい話を心がけたいと思います手(グー)


【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも応援よろしくお願いいたします】
blogram投票ボタン

タグ:相続 遺言
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言・事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

行政なんでも相談所

今日は、
総務省・滋賀行政評価事務所 主催による、
「行政なんでも相談所」の日。

相談員として参加してきました。

いつも県行政書士会の湖東支部から、2名が参加。

この間、そのうち1名は私がずっと務めています。

「良いのかな〜」とか。



今回は、ご相談の全てが、
相続・遺言関係。

特に遺言関係が確実に増えています。

また、遺言関係以外では、
「推定相続人が全員、相続放棄しそうだけれども、
 どうしておくべきか」

というお話が多くなってきたと感じています。


例を挙げますと、

夫婦で住んでいる田舎のお家。

お二人には息子・娘がいるけれども、
誰も同居ではない。

しかも、結婚などしていて、既に遠方に住んでいる。

なので、子は相続しても管理が難しいだろう。
「要らない」と相続放棄してしまうかもしれない。

他方、田舎なので売却もままならない。

どうしようか???

と、こういった相談です。

息子・娘さん側からも、
ご夫婦の側からも、
どちらからの相談も多いです。


私としては、
本当に場合によりますので、一概に「これが良いです」
とは言えないのですが。

いろいろとより良いと思われる選択肢を、
必死にアドバイスしています。

できうる限り、
ご本人の意思が実現されるよう、
力を尽くしたいと思います手(グー)


【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも応援よろしくお願いいたします】
blogram投票ボタン

posted by 知的資産経営ナビゲーター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言・事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

知的資産経営と事業承継

最近、考えていることを一つ。

企業が、次世代に事業をつないでいくとき、
社長さんが考えられていることは、
「資産」=「モノ・カネ」の相続のことだけなんだろうか、と。


政策的には、円滑な事業承継ができるよう、
経営承継円滑化法
会社法を活用することなど、
いろいろ出されてきましたが。

「資産」に焦点を当てたものがほとんど。

むしろ問題になっているのは、
事業の中で何を受け継いでもらうべきなのか、
逆に、何をすてるべきなのか、
そういうことが、社長さんが考えておられることではないのか。


特に何があったからというわけではないのですが、
相続手続きのご依頼などを何回もお受けする中で、
思った次第です。

皆さんはどうお考えでしょうか。


【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも応援よろしくお願いいたします】
blogram投票ボタン

posted by 知的資産経営ナビゲーター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言・事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。