hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2009年12月03日

「知的資産経営報告書」の使い道

企業の見えにくい強みである「知的資産」
これを論理立てて整理して、
書面にしたものが、「知的資産経営報告書」です。

公に開示されたものとしては、
知的資産経営ポータル↓にありますので、参考にしてみてください。
http://www.jiam.or.jp/CCP013.html



で、「報告書」を作成してどういう意味があるのか?
ということですが、
大きく分けると2つの使い道があります。


1.企業内部での使い道

 ◆経営者の頭の中にあるものの整理・「見える」化

 ◆後継者への「強み」の継承
 
 ◆人材教育や従業員との団結を図るツール



2.外部へのアピールとしての使い道

 ◆金融機関とのコミュニケーションツールとして

 ◆新規顧客へ企業を知ってもらうツールとして

 ◆事業提携など関連企業との関係を深めるために

 ◆就職希望者への企業の「強み」紹介のツールとして



上のように色々、使い道があります。

もちろん、どのような使い道にするかによって、
「報告書」としてまとめるポイントに多少の違いがありますが、
主な内容としては、次のようになっています。


・経営理念や経営方針
  ↓
  ↓
  ↓
・これまでの努力や工夫など(マネジメント)
  ↓
  ↓
  ↓
・努力・工夫の結果としてのノウハウ・技術など(「強み」)
  ↓
  ↓
  ↓
・「強み」を活かして生まれた製品・サービス



順番に関しては、読みやすさを考えて変えたりしてもOKです。

お読みになる方が「スッと」流れるように読めることを、
意識されて作成されるとより良いものになるでしょう。



使い道による「まとめポイントの違い」については、またご説明いたします。



posted by 知的資産経営ナビゲーター at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。