hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2010年01月10日

まとめるための小道具(中道具?)

「知的資産経営報告書」をまとめる際に、
私が使用している小道具があります。

それが↓↓↓
ホワイトボード.jpg

ホワイトボードexclamationです。

・・・そんな張り切って言うものでもないかもしれませんが。

でもこれがかなり使えるのです。


私の持っているホワイトボードは、
中くらいよりちょっと小さめのもの。

なので、ヒアリングの状況によっては、
お伺いするときに持参し、
目の前でご説明したり、まとめたりもすることができます。


また、事務所において、
サポーターの我々がヒアリングの内容を出し合い、
整理することもできます。

写真のはその際のもの。

知的資産の情報を書いたフセンを、
張って整理しているわけですね。

黄色が知的資産そのものの表題。
青色がKPIだったと思います。

現在する場合は色をもっと使いますが。

なぜこういうことをするかですが、
サポーターが各々が聞き逃したり、書き忘れた点などを出し合うのもありますし、
そもそも観点の違いから来る記録した情報内容の違いもあります。

「知的資産経営報告書」の
精度をより高め客観的なものに仕上げるために、
必要な作業なんですね。


企業内部でまとめられるときにも、
複数人体制でされるならば、
こういうツールを使用すると、分かりやすいと思います。


【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも応援よろしくお願いいたします】
blogram投票ボタン



posted by 知的資産経営ナビゲーター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

最初の一歩は・・・

過去の日記でも書きましたが、
「知的資産経営報告書」の作成サポートの一歩は、
製品・サービスの良さ、優れていること、などを話していただくこと。

要するに、
ご自慢をしていただく、ということです。



で、それは、
これから深めていく「分析上」の大事な第一歩のこと。

私達サポーター側は、お話された内容を、
まず記録に残して文章化するのが仕事です。

ヒアリングの際のメモはこんな感じ↓↓↓
oboe-gaki.jpg


このたくさんのメモや記憶、他にいただいた資料を元に、

過去・現在・未来のことなのか
「強み」と思われることは、事業の流れのどこに位置するのか
事業全体の流れが「強み」のつながりとして出来ているか


などを検証していきます。



この作業が、意外と時間がかかるんですねわーい(嬉しい顔)

重要な部分を聞き逃していたりとか、
そもそも話言葉なので省略してお話しされていたりとか。

話言葉を文字にするというのは難しい。

これはヒアリングである以上は、
どなたでも必ずそうなるのですね。

今日は一日中、整理ばかりしていたのでした手(グー)


【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも応援よろしくお願いいたします】
blogram投票ボタン

posted by 知的資産経営ナビゲーター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

直接関係ないことも役立つもので…

とある業務でお知り合いになった、F県の大学の先生。

以前に「知的資産経営報告書」のお話をさせていただき、
のちに先生の論文をいただきました。

これをふと思い出し、今日読んでいました。



すると、、、「exclamation×2

いまサポートしている「知的資産経営報告書」の作成に役立つ内容が満載ひらめき


F県の伝統的産業についての研究論文なのですが、

海外の安い製品に押されている中で、

◆どのような技術を蓄積してきたのか
◆また、どのような競争力を身につけてきたのか


を研究されたものでした。


しかも、この論文の対象となっている業種というのが、
私が今回サポートしている業種とかなり近いものが。

これからのヒアリングに、とても参考になりそうです。

先生、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)



【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも応援よろしくお願いいたします】
blogram投票ボタン

posted by 知的資産経営ナビゲーター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

ヒアリング第一回

昨日の午後から
「知的資産経営報告書」作成者にヒアリングのためにご訪問。

こぅたんさんと、作成支援する3社目ということになります。
そのヒアリング第一回目。

主な内容としては、

■作成の目的
■これから分析するとっかかりとなる製品や技術などの概要


をお聞きしました。

こんな感じで、聞いています↓
hearing001.jpg

手前がこうたんさんこと中島行政書士
奥が私です。



今回は堀裕子行政書士も補助として同席。

堀さんもまた「知恵の経営」ナビゲーターの仲間です。

この写真は堀さんに撮影してもらったんですねカメラ



おそらく、今年最後となる仕事が、
今回ヒアリングのまとめです。

来年はさらに「知的資産経営報告書」支援の経験を積みたいな、と。



今年は、今回のヒアリングの整理が最後の仕事になりました。
【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも応援よろしくお願いいたします】
blogram投票ボタン

posted by 知的資産経営ナビゲーター at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

素人でも理解できるように

「知的資産経営報告書」を作成のお手伝いをさせていただく中、
私と こうたん さん とで、注意している事があります。

それは、
◆その業界用語などは極力使わないこと。

また、
◆カタカナ語や経営上のは意味が通じるか、よく吟味して使うこと。

です。


例えば、
「知的資産経営報告書」の開示対象者を表す用語として、
“ステークホルダー”というものがあります。

要は、その企業を取り巻く、
金融機関や株主、顧客・取引先、従業員などの利害関係者ことです。


恥をさらしていまいますが、
私自身が「知的資産経営報告書」について学んだ当時は、
そのような用語を知りませんでした。

たぶん、
ある程度以上に規模があって、
継続的な銀行とのお付き合いをしておられる経営者の方なら、
「そんなの知ってて当然!」とお叱りになるかもしれませんが・・・。


しかし、少なくとも言えるのは、
皆さんが「知的資産経営報告書」を見せようと思っておられるお相手は、
「知ってて当然!」ではないかもしれないのです。

“ステークスホルダー”のような経営上の用語であれば、
まだ、なんとなく分かる気がしますが、
技術的な用語や、業界内でしか通じない用語には、
特に気をつけるようにする必要があると思います。

「知的資産経営報告書」を外向きに活用されるのであれば、
その対象の立場にたって、
素人でも分かるように注意して作成してみてください。


【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも、よろしければ押してやって下さい】
blogram投票ボタン

posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。