hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2012年03月18日

知的資産経営の支援専門家のあり方について(2論文紹介)

こんにちは、谷田です。

今日は、私含め知的資産経営を支援されている方向けの話題。

現在、知的資産経営を支援されている方には、「資格」で分ければ、
私と同じ行政書士や、
他には中小企業診断士、弁理士をはじめ、
少ないながら税理士や社会保険労務士の方がおられるようです。

「資格」上の業務や専門から言えば、
それぞれ独占業務があったり、得意分野があったりします。

で、その支援者側の支援姿勢にも関わってくる
論点を提起していると思ったのが、下の2論文でした。

@弁理士の岩井將晃氏
「弁理士から見た知的資産経営報告書の現状と課題」

A野村総研 法務・知的財産部の小野曜氏
「知的資産経営における特許偏重の問題」


@では、弁理士の立場から、
知的財産権の意識が薄い中小企業と、
知的財産権を専門としない作成支援者とにより、
知的資産経営報告書が作成されていることによる問題点を指摘し、
弁理士がかかわることの必要性を述べておられます。

Aでは、従来の知的資産経営の「特許化ありき」を問題として指摘し、
様々な観点・方法による多様な知的資産の内容・所在把握の重要性を、
提起しておられます。


それぞれの論文の取り上げられているテーマ自体は違うので、
主張されている事を直接的に比較する事はできません。

しかし、「支援者はどう関わっていくのが良いか」「支援者のあり方は?」
という観点で、2論文を読むと、色々と示唆に富むなぁと。


特許や商標といった知的財産権も、
それが重要な経営資源としてあれば、知的資産です。
そもそも知的財産権も人間の知恵が生み出したものですし。

ですから、岩井氏の仰るように、
知的財産権をお持ちの企業さんへの支援に際し、
特許や商標の知識が全く無い支援者が支援するのは、
知的資産の全体把握の面でも、今後の活用にとっても抜け落ちてしまうかもしれません。


他方で、小野氏が、
「(略)さまざまな観点・方法により多様な知的資産を特定する
 全社的な活動・組織を構築していくことが必要であると考えられる」
とご指摘されていることは、重要だと思います。

知的財産権は知的資産の一部にしか「すぎません」。
また、知的財産権を保有していても、活用していなければ知的資産ではありませんし、
さらに、知的財産権よりも、権利化しようがない他の知的資産の方が、
経営にとって重要であることは、沢山あります(経験上ですが)。

こういう場合、「知的財産権はないか、ないか」という目で支援すると、
とんでもなく狭い目でしか、企業を見られなくなります。



「支援者はどう関わっていくのが良いか」ということで言えば、
私見では、

まず専門知識や狭い枠組にとらわれずに、
その企業の強みの源泉(知的資産)をあるがままに捉えられること

が一番重要。

その上で、
その企業の経営課題に応じて、
支援者の専門や得意分野、または支援者のつながりの専門や得意分野も利用して、
支援していくこと

が次にやってくるのだろうと思います。


支援されている方のご意見、お聞きしたいですね。
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作成支援者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

広島でも知的資産経営を支援する方が。

こんにちは、谷田です。

今日も、勝手に紹介シリーズです。

今回は、広島で社会保険労務士・行政書士をされている
岡本 典親(おかもと のぶちか)氏。

マイベストプロというサイトのコラムで、
知的資産経営についてお書きになっておられます。

【知的資産経営とは?】@知的財産権との違いについて
http://mbp-hiroshima.com/keiei-houmu/column/4229/

「@」とのことですので、今後連載をされていかれるのだと思います。


岡本さんは、実は
こうたんさんや私、中森孝文先生が主宰しているMLのメンバーでもあり。


以前、紹介した岡山でも動きがありますし、岡本さんは広島。

中国地方でも、今後の知的資産経営の広まりに注目ですexclamation
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 作成支援者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

作成支援者紹介@

今日は、エフォート行政書士事務所(大津市)の
中島巧次(なかじま こうじ)行政書士の紹介です。


中島巧次 行政書士↓
中島巧次先生.jpg


◆ブログを開業前から継続
 http://koutannikki.seesaa.net/
 ブログでは「こうたん」さんです。

◆滋賀県第1号の開示「知的資産経営報告書」を作成
 私とともに作成の支援を行ったパートナーです。

◆京都府「知恵の経営ナビゲーター」
 私とナビゲーター修了も同期です。

◆前職は営業をされておられました。
 その経験も活かしてのヒアリングでは、
 ご依頼者の「強み」をとても上手く引き出しておられます。

◆行動派!!
 色々なところに出かけ、様々につながりを作ってきておられます。
 「知的資産経営報告書」を実際に作成支援するきっかけを、
 つくってくださいました。

 私も何度もお世話になっておりますm(_ _)m 

 これからもよろしくお願いいたします(笑)−>中島先生



 中島巧次 行政書士のプロフィール詳細はこちら↓
 http://koutannikki.seesaa.net/article/89078512.html
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 作成支援者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

第三者に見せることで客観的に

「知的資産経営報告書」は、作成目的によっては

 ・取引先、顧客
 ・金融機関
 ・株主
 ・就職希望者

など他人に見せるもの

ですので、作成された場合は、いちど第三者に見せると良いと思います。

それはより客観的なもの信頼に足りうるものにするためです。



その第三者が、「用語が分かりにくい」ということであれば、
より分かりやすい用語に言い換えると、良いものになります。

「読んでると詰まるところがある」ということならば、
どこかで書き方がつながっていない箇所があるかもしれません。

なるべく業界のことや御社のことを、
最初は知らない方――素人・門外漢の方が良いでしょう。

客観的なものにすることにとって、
門外漢の方でも分かるようにすることが、肝心ですので。



ちなみに私は、京都府の「知恵の経営ナビゲーター」資格を持ち、
「知的資産経営報告書」の作成支援の経験があります。

作成をお手伝いさせていただいた際も、
全くの門外漢として、様々なことをお聞きしました

ときには、お客様が「う〜ん」とお思いになるほど(苦笑)。

その節には、お客様に大変な思いをしていただき、恐縮でした。



滋賀にも私のほかに支援者仲間がおりますので、
ご相談されてみてくださいね。

明日から紹介していきたいと思います



posted by 知的資産経営ナビゲーター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作成支援者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。