hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2012年03月20日

茨城ローカル線・ひたちなか海浜鉄道が知的資産経営報告書を作成されたそうです。

こんにちは、谷田です。

今日は、
茨城のローカル線が、
知的資産経営報告書の作成されたというご紹介です。

といっても、実物はアップされておられませんので、
「作成された」というお知らせだけですがあせあせ(飛び散る汗)


作成されたというローカル線とはコチラ↓↓
ひたちなか海浜鉄道
http://www.hitachinaka-rail.co.jp/

こちら↓↓の海浜鉄道社長さんのブログにて、
作成を知ることができました。
海浜鉄道日誌

知的資産経営報告書そのものは、
ひたちなか海浜鉄道湊線・那珂湊駅にて見ることができるそうですわーい(嬉しい顔)


社長ブログにもある、
今回支援された中小企業診断士さんと、私は知己。
ひたちなか海浜鉄道の話もチラッとだけお聞きしていて、注目していました。

海浜鉄道は、3.11の地震で大きな被害を受けています。
「ひたちなか湊線「廃線にはできない」 復旧へ社長ら意欲」

こういう中で、
社長さんブログで「将来へ向けての道標ができただけでも素晴らしいと思います」
とお書きになっていますが、
復旧へ向けて、知的資産の掘り起しと今後の羅針盤づくりをされたんだと思います。


社長さんが一部だけですが、お書きになっている海浜鉄道の知的資産↓↓

「応援団、写真家の皆さん、行政との連携、鉄道ファン、
 旅行エージェント、おさむ(資産台帳には載ってません)…。」

まさに無形の経営資源=知的資産の山ですねわーい(嬉しい顔)

滋賀から茨城は、ちょっと遠いですが、
旅行がてら拝見したいものですexclamation


ちなみに、「おさむ」とは駅猫。
twitterもしている猫ですわーい(嬉しい顔)
https://twitter.com/#!/minato_osamu
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 作成企業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

知的資産経営ヒアリング最終日―また嬉しいお声をいただきました。

こんにちは、谷田です。

今日は長浜市(旧木之本町)の企業さんまでお伺いしてきました。

企業は株式会社松屋様。
社長は山岡朗さんです。

知的資産経営報告書の作成のお手伝いを、
こうたんさんとともにさせていただきました。


今日が最終日。

今回の作成目的が、
社内での方向性共有の資料として作成されるということでしたので、
報告書のデータ形式もパワポを使っての説明を主たるものとなりました。
(ちなみに、社内用なので非公開です)

私達の中では、この形式は初の試みでありましたが、
山岡さんが「納得いくものができました」と仰って下さり、
本当に良かったです(^^)
ありがとうございますexclamation


株式会社松屋は、
創業から60有余年になる、淡水魚養殖向けの飼料を卸しておられる企業。

皆さんが召し上がられるアユやマス等も、
もしかしたら松屋さんの飼料で育ったものかもしれません(^^)

これまで養殖業者さんとのネットワークも活かして、
飼料の卸に留まらない展開を行ってこられました。

今回の知的資産経営報告書は今後の展開に当たって、
これまで培ってこられた知的資産が、
「何で」「どう活かせるか」を考えていく資料でもあります。

今後の展開の成功をお祈りしておりますexclamation×2
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 作成企業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

2社の知的資産経営報告書が公開されました!

こんにちは、谷田です。

さる2月28日付ですが、
2社の知的資産経営・知恵の経営報告書が、
知的資産経営ポータルに公開されました!

・丸三ハシモト株式会社
http://www.jiam.or.jp/mausan.pdf

・玄米屋ウエトミ
http://www.jiam.or.jp/uetomi.pdf

丸三ハシモト様は、堀裕子さんと私が、
ウエトミ様は、こうたんさんと私が、作成支援させていただきました。

丸三ハシモト様は、
伝統ある和楽器等に使われる絹製の絃を製造されている企業。
いま伝統を守りつつも、洋楽器絃に挑戦されたり、
また海外への進出にもすすまれています。
< 丸三ハシモト芥P:http://www.marusan-hashimoto.com/ >

ウエトミ様は、
近年まで酒屋だったのですが、米の販売を中心に事業転換。
こだわり米を仕入れて販売、ということではなく、
独自のブレンド技術で価値を高めた美味しいお米を、
一般消費者・業者向けに販売されています。
< 玄米屋ウエトミHP:http://genmaiya-uetomi.com/ >

本ブログをご覧の皆さんも、
2社の知的資産経営報告書をお読みいただければ幸いです!
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作成企業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

知的資産経営について東京会『プエンテ』の取材を受けました!

こんにちは、谷田です。

とても寒い一日ですね{{(>_<)}}
能登川はまだ降ってはいませんが、今夜から大雪になる見込みです。


さて、今日は
東京会の一般向け広報誌『プエンテ』の取材を受けました。


テーマは「知的資産経営導入の現場から(仮)」

支援者である私とこうたんさん

そして『知的資産経営報告書』作成企業である
(有)聖和デンタルの岡野仁夫社長

に対する取材でした。

インタビュアーは東京会の益子光宣さんです。

取材の様子↓↓
プエンテ取材.jpg


東京での知的資産経営の浸透度は、まだまだこれから。

実際に「報告書」を作成した会社も少なければ、
支援の実例も少ない状況。

なので、
実際に知的資産経営を導入されている企業とその支援者に話を聞くことで、
知的資産経営の実際や意味・効果を明らかにしたいとのことでした。


意味・効果は、
岡野社長がビシッと語って下さいました。

中でも
「新商品開発は積極的に推進してきたが、
 営業や情報発信が苦手という課題があり、
 想いを伝えることができてこなかった。
 『知的資産経営報告書』で以て初めて表現できた。」
と仰っていただきました。

私たちとしても、とても嬉しい!と。


私たちに対しては、
支援のプロセスや支援者の役割、
また、
それぞれ自身もどういう知的資産を活かして支援してきたか(^^)
などなどをお尋ねでした。


実際に記事になるのが楽しみです。

岡野社長、取材にご協力いただき、ありがとうございました。
益子さん、遠いところお疲れ様でした。
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 作成企業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

「新之助上布展」開催!!

おはようございますexclamation

今朝の東近江市は、昨日の雨とは打って変わって、
晴れていますわーい(嬉しい顔)

はやく春らしく暖かくなって欲しいですね。


さて先日、『知的資産経営報告書』作成者でもある
大西新之助商店さんにお伺いしましたら、

来月に2回「新之助上布展」ぴかぴか(新しい)が開催されるとのことで、
お知らせです。


まずは地元・滋賀での開催から↓↓

平成の近江上布―伝統工芸士 大西實の技
新之助上布展

期間:2011年5月7日(土)〜6月5日(日)
会場:麻々の店(近江上布伝統産業会館内)
   地図へのリンクはコチラ

お問合せ先:0749-42-3246(麻々の店・近江上布伝統産業会館)


5月22日(日)午前9:30〜は、
店主・大西實氏による機織り実演お客様の機織り体験もなされます。

参加ご希望の方は上のお問合せ先にお尋ねください。


つづいて、東京での開催も↓↓

「新之助上布展」
 SINNOSUKE JYOFU-TEN

琵琶湖東岸で
近江上布を織り続ける
伝統工芸士 大西實が
新作を携えて
松屋銀座に初登場!
皆様のお越しを心より
お待ちしております。


期間:2011年5月11日(水)〜17日(火)
会場:松屋銀座7階 和の座ステージ
   地図へのリンクはコチラ

お問合せ先:0749-43-4434(大西新之助商店)



店主の大西實さんは、
近江上布の伝統・技術を受け継ぎながらも、
洋装生地を手掛けたこともある経験・感性をもって、
当たられてます。

だから、普通は和装には使わないような色も含め、
「こういう色あいのものは、新之介上布だけ。」
というものが、生み出されます。

ぜひ、会場で直にご覧になってください。


【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも応援よろしくお願いいたします】
blogram投票ボタン

posted by 知的資産経営ナビゲーター at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作成企業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。