hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2012年06月30日

「知恵の経営」入門セミナーの内容

こんばんは!谷田です。

今日は、先日のセミナーの
内田恭彦先生の講義の内容を。

公開を全てして良い情報かどうか分かりませんので、
概要だけですが、ご容赦ください〜。


テーマは、
『「知的資産経営」への誘い 〜会社が変わる、ヒトが変わる〜』

最初に 知的資産・知的資産経営とはの説明があった後に、
先生ご自身が働いておられた、リクルートの
リクルート住宅情報カンパニーの事例を挙げて解説されました。

ここはいま『SUUMO(スーモ)』の事業をしているところです。

1990年頃に、
以前から発行されていた『週刊住宅情報』(有料誌)の
売上の伸びが鈍化する下で、
90年代末から2000年代初に、
事業を大きく変えフリーペーパーとして展開していきます。
同時にこの展開では、パート・アルバイトの活用が行われました。

しかしこれは、最初は上手くいきませんでした。

講義では、
その原因・問題点と、どのように解決を図ったかを、
知的資産の関係・流れ図(ナビゲーター形式)で説明されました。

これがとても分かりやすかったです。

関係図・流れ図で表現すると、ただ単に、
「どういう知的資産がある」というだけでなく、
それぞれの知的資産同士のつながり( or つながっていない事)
がよく見えます。

解決前のナビゲーター図は、
知的資産が上手くつながっていませんでした。
以前のやり方――正社員が営業していた時の方法の踏襲では、
ダメだったのです。

解決を図った後のナビゲーター図は、
知的資産同士がしっかりと結びついて、
依頼者&エンドユーザー(読者)の顧客価値と、
会社の経済的利益につながっていました。


「後」の方のナビゲーター図ではさらに、
知的資産の流れがグルグルと循環しており、
知的資産の蓄積と共有がなされる体制になっています。
(具体的には「営業ノウハウ」の蓄積・共有です)

こうなってくると、
他社にはなかなか真似できない事業になっていきます。


――説明をぼかしたので、抽象的かもしれません…
これが自主規制の限界ギリギリで、すみません(^^;)
直接お会いした方には、口伝えにお伝えしたいと思います。


ただ今回のセミナーでお聴きして言えるのは、
私たち支援者の側も、

・会社の知的資産に対して気付いていただく
・現在の関係性を明らかにする

ことに加えてさらに、

・活用・蓄積方法を、会社の中の「仕組み」や「仕掛け」づくり
・それを行うことによる他社の追随を許さない企業づくり


を支援していくことが重要になってきている、と感じたセミナーでした。

posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

セミナー参加:愛知会も今年熱い!かも

こんにちは、谷田です。

今日は、前にご紹介しました
京都商工会議所主催
「知恵の経営」入門セミナー
に参加してきました。

100名定員の会場は、いっぱいでしたし、
内田恭彦先生のご講演も、
中森先生&「知恵の経営」認証・実践企業のパネルディスカッションも、
再確認したり、また発見することが多かった内容でした(^^)

その中身については、私の中に落とし込むのに時間がかかっちゃう質ですので、
明日に回したいと思いますが、
会場のホテルでランチをしていると驚いたことがあったので、今日はその話を。


何かと言いますと、ランチをしていたレストランに
愛知県行政書士会の会長・担当部長はじめ4人も入って来られたんです。

もちろん来られた目的は、私と同じくセミナー参加。

愛知の会長さんは、
昨年、滋賀県行政書士会で私たちが主催した知的資産経営の研修会を視察され、
ご挨拶もさせていただいたのですが、

まさか今日のセミナーに会長自らが参加されるとは!
しかも4名で!

知的資産経営に注力されていることが、ハッキリと見えました(^^)

セミナー終了後に、少しお話しをいたしまして、
愛知でも、「知的資産経営をどんどん広げていきたい!」
と強く仰っておられました。

愛知での広がり、私も陰ながらお祈りしております!
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

「知恵の経営」入門セミナー(6/27)開催されます

こんにちは、谷田です。

前回投稿から、ずいぶんと経ってしまいました。
この間、体調を崩して療養に集中していたのと、
その後、立て続けに重要案件の大詰めがあったこともあり、
ブログをお休みいたしておりました。

今日から復活しますので、よろしくお願いいたしますm(__)m


さて早速ですが、表題の件。

6月27日、京都商工会議所の主催で、
「知恵の経営」入門セミナーが開催されます!

=============================
「知恵の経営」入門セミナー

開催日  2012年6月27日(水) から 2012年6月27日(水)
開催時間 13:30〜16:00
開催場所 ルビノ京都堀川 加茂の間(2階)
   <京都市上京区東堀川通下長者町下ル>

内容
 「知恵の(知的資産)経営」とは、人材や技術、ノウハウ、取引先等とのネットワークといった目に見えない資産を見つめ直し、自社の強み(知恵)をしっかりと認識・活用することで、業績向上に結びつける取り組みです。
 第1部では、知的資産経営の研究・実践の第一人者である山口大学の内田恭彦教授から、中小企業が企業価値を高めていくうえでの必要性や効果を具体的な事例も含めて、ご講演いただきます。
 第2部では京都府「知恵の経営」評価委員会の委員長である龍谷大学の中森孝文教授をコーディネーターに、「知恵の経営」実践モデル企業の認証を受けた3社(滑ロ漬・三共精機梶E有明産業梶jをお迎えし、パネルディスカッションを行います。永続的な企業経営に向けた戦略づくりや、社員との意識共有、人材育成、また経営者としての承継など、様々な目的から取り組まれた各社から、報告書作成したからこそ見えてきたことや、成果、活用法などをお伺いします。

【第1部】
 講演「『知的資産経営』への誘い〜会社が変わる、ヒトが変わる〜」   
 講師:山口大学 経済学部 教授 内田 恭彦 氏

【第2部】     
 パネルディスカッション「『知恵の経営』で見えてきたこれからの道」 
 コーディネーター:龍谷大学 政策学部 教授 中森 孝文 氏
 パネリスト:株式会社丸漬  代表取締役 加勢 克己 氏 
三共精機株式会社 代表取締役 石川 武 氏
有明産業株式会社 専務取締役 小田原 伸行 氏

定 員■100名(先着順)
参加費■無料

詳細・申込はコチラから↓↓
http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_093202.html
=============================

知的資産経営(知恵の経営)の必読本の一冊でもある
『日本企業の知的資本マネジメント』の著者、内田先生が講師。

山口県からお越しですので、貴重な機会だな〜と思います。

また、知恵の経営を実践されている3社さんのお話を聞けるのも、貴重。
イメージが膨らむと思います。

知的資産経営(知恵の経営)をやってみようと思われる方は、ぜひ。
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

山口県でも「知的資産マネジメントセミナー 」が開催されるそうです(^^)

こんにちは、谷田です。

今日のブログは、
またまた勝手に全国知的資産経営セミナー紹介シリーズです(^^)

山口県でも「知的資産マネジメントセミナー」が開催されるそうです。

講師は、コンサルタント会社所長の中村伸一氏。

知的資産経営に関するセミナーは、山口県下では初とのことです!

以下、内容を一部抜粋させていただいています。
================================
■日時:2012年3月19日(月)18:30〜20:30
■場所:ニューメディアプラザ山口 6階 会議室
    山口市熊野町1−10

■講師:やまぐち総合研究所有限会社 取締役所長
    知的資産マネジメント コンサルタント
    中村 伸一

■内容:「貴方の見えてない経営資源が貴方のビジネスを発展させる」
================================
詳細は↓↓です。
http://www.facebook.com/events/189113484531196/
(facebook内ですのでアカウント登録されていない方はたぶん見られません)


セミナー内容を拝見すると、

ご自身の経営での痛い経験や、
既存の事業計画書への疑問を踏まえ、
知的資産を活かした、明るい希望の持てる事業計画書
の作成を提言されているのだと思います(^^)


山口県で、
中村氏もおススメされている↓↓
==========================
⇒我武者羅に行動してきた創業2年以上の起業家
⇒経営革新セミナーを受講したけど悶々としている経営者
⇒世代交代が進みつつある企業の経営者
⇒知的資産マネジメントとは何ぞやと好奇心旺盛の経営者
⇒組合の運営に行き詰まりを感じている組合長
==========================
に当てはまる方は、
ぜひ参加されてはいかがでしょうか!
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

3月16日、ワーク付き「知的資産経営」セミナーが開催されます。

こんにちは、谷田です。

今日は中小機構主催の「知的資産経営」セミナーの紹介です。
下記に詳細を。

講師は、本ブログではおなじみ中森孝文先生。

今回のセミナーは、
企業経営者だけでなく経営幹部と共に参加が推奨されてまして、
2人で実際に自社の強みの整理をしてみるワーク時間があるようです。

講義を聞くだけでなく、その場で実践もあるのは重要だと思いますexclamation

参加条件が少々厳しい気がしますが、
当てはまる方はぜひお申込みを――。

==============================
セミナー「知的資産経営」
ストーリーづくりで浮かび上がる強みの源泉
―我が社の「こだわり」を探って高付加価値経営をめざす―


詳細・申込はコチラ↓↓をご覧ください
http://www.smrj.go.jp/kinki/talent/ts/066342.html

【日時】平成24年3月16日(金)15時〜18時 

【会場】中小機構近畿セミナールーム
    (大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル11階)
    http://www.smrj.go.jp/kinki/branch/038428.html

【プログラム】 
14 時30分  受付開始
  15 時00分  講演『ストーリーづくりで浮かび上がる強みの源泉』
  16 時40分  意見交換
        『我が社の強みと商品価値とのつながりについて考える』
  17 時40分  中小機構の支援活用ポイント〔経営〕
  18 時00分  セミナー終了
 ※当日の進行状況に応じて、時間配分が多少前後する場合があります。

【本セミナーのポイント】 
・具体事例の紹介を行い、中小企業にできる無形の強みの見つけ方、
 活かし方を解説します。
・自社の強み整理体験と講師や他社との情報・意見交換を通して、
 自社だけでは気づかなかった強み、課題の再発見をしていただけます。
・OJTスタイルで経営課題を解決、専門家による公的支援活用ポイントを
 紹介します。

【対象】中小企業経営者、経営幹部(後継者含む)限定(従業員数30名以上)
 ※経営者・経営幹部など、1企業2名での参加をお勧めします。
 ※士業・コンサルタント等専門家の方のご参加はご遠慮下さい。

【講師】中森 孝文 氏(龍谷大学 政策学部 教授)

【定員】10社(申込先着順、定員到達次第締切)

【参加費】無料

==============================
ラベル:知的資産経営
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。