hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2012年07月09日

何で知ってはりますのん?〜中島さんの「積み重ね」の開花を目の当りに〜

今日も知的資産経営ヒアリングで、
中島さんとともに米原市まで行ってきました谷田です。

今回は初日で、社長さんの思いやこだわり等をお聞きしました。
お聞きする中で、今回の支援ポイントなどを決めていきますが、
この辺の話は中島さんがブログで書かれてます。


さて、表題のこと。

今日のヒアリングでは、
これまででは無かった初めてのことが起こりました。

最初に事業を始められた動機や思いをお聞きして、
続いて事業の概要をお聞きし始めたところ――

(一部デフォルメ化してお送りします(^^))
中島さん「――で、この○○事業のお客様は、どのように?」

社長「最初は、ブログを頻繁に更新したりであるとか――
   もともと中島さんが言っておられたことをやってました。」

中島さん「えぇ??何で知ってはりますのん?」(一時思考停止する中島さん)


詳しくお聞きすると、
中島さんが月イチで発行されているメーリングリストの読者で、
その内容を参考にブログを立ち上げ、頻繁に更新されていたそうです。

また、
社長さんと中島さんとは、直接には今日初めて顔合わせされたんですが、
従業員さんが、数年前の中島さん開催のセミナーに参加されていて、
そこで名刺交換&ML登録されていたという背景も分かり――

私「ということは、以前から中島さんの(ある意味)お客様だったわけですね」(大笑)
中島さん「そうでしたか〜」(照笑)
となってました。


知的資産経営で、というか、
企業経営で大事な点の一つが、他社との違いを創り出す事と言われています。

そして、他者との違いを創り出して、真似されにくくするには、
違いを創り出す取組みや工夫の「継続」「積み重ね」などがあります。

知的資産経営の支援者でもある中島さんご自身は、
ブログをほぼ毎日更新されていたり、
今回のメーリングリストの発行を定期的に行っていたり、
という「積み重ね」をされてこられました(ほんの一部ですが)。

それが今回、中島さん自身が考えもしなかった場で、花開くことに(^^)
しかも、社長さんがメール内容を実践されていたとは!

帰りの道すがら、私も
「中島さん、めっちゃ嬉しいことじゃないですか!」
「発行者、冥利に尽きるエピソードですね」
と言っていた次第です(^^)
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

「事業価値を高める経営レポート(知的資産経営報告書)作成マニュアル」改訂版が公開

こんばんは!谷田です。

今日は、あまり告知がなされていないのか、私が気付かなかっただけか、
危うく見逃してしまうところだった話題を。

昨年から、
中小企業基盤整備機構による知的資産経営に関する資料の一つである、
「事業価値を高める経営レポート作成マニュアル」が、
改訂されるニュースがありました。

コチラ↓↓の最後の「事例解説」などで言われていたことです。
http://chitekishisan2011.smrj.go.jp/report.html


それで、いつ公開になるかな〜と思っていましたが、
何気に先ほど見ると、改訂版がアップされていました↓↓(^^;)
「事業価値を高める経営レポート(知的資産経営報告書)作成マニュアル改訂版」を掲載しています。
http://www.smrj.go.jp/keiei/chitekishisan/059975.html


さっきアップを見つけたばかりですので、ご紹介させていただくだけですが、
知的資産報告書の作成過程の中でも、
非常に大事な報告書作成の目的(テーマ)を6つ挙げ、
それぞれについての作成のポイントを書いておられます。

挙げられているテーマは、
(1)ベンチャー
(2)リレーションシップバンキング
(3)事業承継
(4)知的財産(営業秘密を含む)
(5)マーケティング
(6)人材強化

です。
作成自体を目的化させるのではなく、
これらの経営上のテーマをより良い方向にもっていくために、
作成するってことですね(^^)

また同時に、19社の事例を6つのテーマ毎に分けて紹介された、
<事例集>もアップされています。
これも一緒に大いに参考にしたいと思います。


今日もお読みいただき、ありがとうございます!
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 知的資産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

千葉でも有志の知的資産経営勉強会が(あったそうです(^^))

こんばんは、谷田です。

昨日は滋賀県行政書士会の総会でした〜。

facebookでも書いていましたが、
私と同じような若い世代の方が目立つ総会で、
嬉しい気分になりました(^^)


さて、表題の件。

ふと知的資産経営関係で検索していて、見つけたブログ↓↓から。

元CA行政書士大石聖子<いつも笑顔で>
http://ameblo.jp/rosso-7/day-20120511.html

千葉支部レディース会有志での
「知的資産経営報告書」の勉強会を開催されたのだとか。

ご本人を存じ上げているわけではないのですが、
勝手に紹介させていただきました(^^)

講師がなんと、
私も関西知的資産経営研究会のときからお世話になっている
知的資産活用センターの事務局長・吉栖さんとは!

東京近県はそういうことができるので、羨ましいです(^^;)


千葉でも、知的資産経営支援の「環」ができると良いですね!


今日もお読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 知的資産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

知恵の経営ヒアリングで、経営理念をお聞きする。

こんにちは、谷田です。

今日は、宇治田原町まで
こうたんさんとともに行ってきました。
あるお茶屋さんの知恵の経営(知的資産経営)ヒアリングです。

これまでの4回のヒアリングで、
お茶屋さんの中にある
技術やノウハウ・ネットワークといった知的資産と
それをそれを生み出してきた取組みや努力・工夫などを、
お聞きしてきました。

そして今回は、知恵の経営ストーリーの軸ともなる、
経営理念について主にお聞きしました。


といっても「『経営理念』って何?」というような聞き方は、
私達もしません。

ケースバイケースで、お聞きする言葉も変えているのですが、
共通する意図としては、
「なぜ、ここまでの取組みや努力・工夫をするのか」
「ここまでの取組みや努力・工夫をすることで、お客様に対して、何を提供したいのか」

ということをお聞きしています。


今日のお茶屋さんもまた、
周囲から見ればかなり面倒で、大変な取組みをされておりました。

そして、上記の点について深〜くお聞きしていくと、
ふと、お客様からよく言われる言葉を思い出されて、
そこから、
「お客様に○○を提供していたんだ!」という話にどんどんわーい(嬉しい顔)

この「お客様に○○(顧客価値)を提供している」ということが、
経営理念や企業コンセプトなんです。


また、今回、知恵の経営に取組まれている理由の一つに、
今後の事業展開を考えるため、ということがあります。

上のように経営理念の軸である「○○」がハッキリすると、
今後どういうお客様を対象にして(逆に言えば、どういうお客様は対象にしないで)、
どのような商品・サービスを、どのように提供するのか、
もハッキリしてきます。

そうするとさらに、
いまある技術・ノウハウやネットワーク等の知的資産の活かし方も、
考えやすくなります。

こうして、事業を展開していく方向性が見えるということにつながっていきますね。



いずれにしましても、
今日ふとお客様の声を思い出された時には、目が輝いてらっしゃいましたぴかぴか(新しい)

このようなヒアリングを出来た時は、
私達としてもお役に立てているということを実感し、
非常に嬉しいのでしたわーい(嬉しい顔)


今日もお読みいただき、ありがとうございました!
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

内閣府 改正NPO法対応の手引きを公表

こんにちは、谷田です。

今日はいつもMLでニュースをいただいている
シーズさんの「NPOWEB」よりの最新ニュースです。


▼内閣府、改正NPO法対応の新手引きを公表
 http://bit.ly/w35LtH

4月1日から、改正NPO法が施行されますが、
この施行にともなう諸手続きの新「手引き」が、内閣府より公表されました。

内閣府HPへの直リンクはコチラ↓↓です。
https://www.npo-homepage.go.jp/about/201204_kaisei.html

記事にもある通り、改正NPO法では
内閣府は認証の所轄庁で無くなりますが、
これを大いに参考にして、都道府県でも制度構築がなされるはずです。

特に、認定NPO法人の認定申請先が、
国税庁から都道府県になったことは大きな変化で、
新「手引き」でも、認定に関して大幅に増ページがなされています。

NPO法人を設立されようとする方、
認定NPO法人を目指される法人の方などは、ぜひお読みください!
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。