hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2012年07月09日

何で知ってはりますのん?〜中島さんの「積み重ね」の開花を目の当りに〜

今日も知的資産経営ヒアリングで、
中島さんとともに米原市まで行ってきました谷田です。

今回は初日で、社長さんの思いやこだわり等をお聞きしました。
お聞きする中で、今回の支援ポイントなどを決めていきますが、
この辺の話は中島さんがブログで書かれてます。


さて、表題のこと。

今日のヒアリングでは、
これまででは無かった初めてのことが起こりました。

最初に事業を始められた動機や思いをお聞きして、
続いて事業の概要をお聞きし始めたところ――

(一部デフォルメ化してお送りします(^^))
中島さん「――で、この○○事業のお客様は、どのように?」

社長「最初は、ブログを頻繁に更新したりであるとか――
   もともと中島さんが言っておられたことをやってました。」

中島さん「えぇ??何で知ってはりますのん?」(一時思考停止する中島さん)


詳しくお聞きすると、
中島さんが月イチで発行されているメーリングリストの読者で、
その内容を参考にブログを立ち上げ、頻繁に更新されていたそうです。

また、
社長さんと中島さんとは、直接には今日初めて顔合わせされたんですが、
従業員さんが、数年前の中島さん開催のセミナーに参加されていて、
そこで名刺交換&ML登録されていたという背景も分かり――

私「ということは、以前から中島さんの(ある意味)お客様だったわけですね」(大笑)
中島さん「そうでしたか〜」(照笑)
となってました。


知的資産経営で、というか、
企業経営で大事な点の一つが、他社との違いを創り出す事と言われています。

そして、他者との違いを創り出して、真似されにくくするには、
違いを創り出す取組みや工夫の「継続」「積み重ね」などがあります。

知的資産経営の支援者でもある中島さんご自身は、
ブログをほぼ毎日更新されていたり、
今回のメーリングリストの発行を定期的に行っていたり、
という「積み重ね」をされてこられました(ほんの一部ですが)。

それが今回、中島さん自身が考えもしなかった場で、花開くことに(^^)
しかも、社長さんがメール内容を実践されていたとは!

帰りの道すがら、私も
「中島さん、めっちゃ嬉しいことじゃないですか!」
「発行者、冥利に尽きるエピソードですね」
と言っていた次第です(^^)
ラベル:知的資産経営
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。