hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2012年06月06日

しが新事業応援ファンド助成金 説明会に行ってきました

こんばんは、谷田です。

今日は午後から、
滋賀県産業支援プラザ主催の
平成24年度 しが新事業応援ファンド助成金 の説明会
に参加してきました。

当ファンドは、
地域資源を活用し新商品や新サービスを開発するための資金面の支援として、平成20年度から“しが新事業応援ファンド助成金”がスタートしました。
これまで108件を採択し調査研究・試作開発として活用していただいております。(プラザHPより)
というものです。

滋賀や県内地域ならでは!というものを活かして、
新しい商品・サービスを世に出したいと考えている方にピッタリの助成金です。
詳細や公募要領は↓↓からダウンロードできます。
http://www.shigaplaza.or.jp/josei/

具体的な対象は、
@県内で創業しようと考えている人
A県内に主たる事業所等がある中小企業者
B中小企業者のグループ等
CNPO法人、農事組合法人や 任意グループ等
なので、かなり広い範囲が対象になっています。

調査研究・試作開発のための助成金なので、
販路開拓以降については、当ファンドは対象になっていません。
が、ケースによっては、
販路開拓以降についても対象になっている国の制度を使う事も考えられるかもしれません。
(今日もファンドだけでなく、国の支援制度の説明もありました)

募集期間は、
平成24年7月2日〜7月25日

審査は、
書面による一次審査と、経営者からのプレゼンによる二次審査があります

産業支援プラザでは、
申請をご希望・ご予定されている経営者の方のために、
・事業計画作成講座(米原:6月19日・26日 草津:6月21日・28日) 
・ファンド相談会(大津は随時、事前予約制)

を設けられてますので、ご利用ください。


今日、説明で仰っていた申請書・審査時のポイントの一つは、
「開発する新商品・サービスに、具体的にこうだから、こういうニーズがある。」
ということを説明できること
が大事とのことでした。

これができるには、
市場調査といったものも必要になると思いますが、
それ以上に開発時点で、
新商品・サービスを使用・利用されるお客様の姿を
具体的に想像することが大切なんじゃないか
と、思いました。



今日は、説明会会場で、知的資産経営報告書の作成企業さん含め、
色んな方にお会いしました。
なかでも同級生と10数年ぶりに出会ったのは、一番の驚きでした(^^)

集まりのために外へ出かけるのは、やはり大切ですね。

明日は、夕方に京都へ。
知的資産経営に関わる支援者のためのクローズド研修会に行ってきます!

今日もお読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m
ラベル:滋賀県
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 中小企業お役立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。