hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2012年03月02日

また認定NPO法人が1つ生まれるも、滋賀ではありませんでした〜。

こんにちは、谷田です。

今日は、継続的にフォローしているNPO法人の話題から。

新たな認定1件、認定NPO245法人に

2月29日、特定非営利活動法人(NPO法人)ミュージック・シェアリングが、新たに認定を受けた。再認定はなし。これにより、3月1日現在、認定NPO法人の数は245法人となった。


1法人の新認定に伴い、3月1日現在、認定NPO法人の数は2月16日より1法人増加し、245法人となった。認定NPO法人数は、制度創設9年半を経て、昨年4月で節目の200法人を突破している。

3月1日現在、認定NPO法人が一つでも存在する都道府県は、33道府県。認定NPO法人が一つも存在しない「認定NPO法人空白県」は14県。また、東京都に主たる事務所を置く認定NPO法人数は、昨年1月に100法人に達している。


ということで、新しくNPO法人が認定を受けましたが、
滋賀はこの「認定NPO法人空白県」のまま。

まだまだ、滋賀初の称号を受けられるチャンスがありそうですね。

認定機関が国税庁から都道府県・政令市に変わる4月に、
もしかすると申請をされる法人があるのかもしれません。


認定申請を煽るわけではないのですが、
寄付税制を上手く活かしたい法人だけが申請をなされるはずです。

そのような意欲的な法人が滋賀にも存在するなら、
私はぜひお話をお伺いしたいし、楽しみに思っています。
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 非営利法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/255265769

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。