hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2012年02月13日

木之本から世界へ:丸三ハシモト様の「知的資産経営報告書」完成

こんにちは、谷田です。

堀裕子さんとともに、作成支援をさせていただいた、
丸三ハシモト株式会社 様の知的資産経営報告書が完成しました!

公開はこれからですが、
経産省や近畿経済産業局のサイトへもアップロードをお願いする予定です。


丸三ハシモト株式会社は、
創業明治41年。

滋賀県湖北地域である木之本で、
地域の産業でもある養蚕、つまり絹糸で、
三味線や琴などの和楽器糸を製造されています。

プロの方いわく、音色や感触などが全然違うそうです。
そのためには伝統の技法を守り続けることが大切な事の一つです。


ただ、それに留まらないのも丸三ハシモトさんのスゴイところ。

自社サイトにもありますように、
ウクレレ用弦「マルサンストリングス」という新商品
二胡、中胡、琵琶、古琴に使用する絹弦で、中国市場へ新展開をされています。

昨日のブログで、凄腕職人街での
伝統のみに留まらない「変化」と「提案」を紹介しました。

丸三ハシモトさんも同じく、「変化」と「提案」を続けてこられた企業の一つです。



ちなみに、
丸三ハシモトさんは、マスコミに取り上げられることも多いのです。
が、新聞やTVでは、
「伝統を守り続ける」面についてのみ、多く取り上げられています。

丸三ハシモトさん含め、
もっと「変化」「提案」の面を取り上げて欲しいなぁと思います。


今日もお読みいただき、ありがとうございました!


posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。