hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2012年01月27日

臭くない?美味しい鮒ずしをいただきました。

こんにちは、谷田です。

今日は、明日弟夫婦が実家に帰ってくることもあり、
久しぶりの故郷の味『鮒ずし』を味わわせたいと、
ずっとお伺いしたかった安土の飯魚(いお)さんまで、
行ってきました!


店頭で品定めしていましたら、代表の大島さんとお会いすることが。

飯魚の大島正子さん↓↓
大島正子さん.jpg

大島さんには、
facebookでは友達承認していただいていたんですが、
実際にお会いするのは今日始めて(^^)


最近の一般の鮒ずしのお話や、
営業等に行かれたときのお話をお伺いもし、
積極的に外に出ておられる方は、やっぱり違うと思った次第で。


帰ってきて、
さっそく夕食で、鮒ずしを茶づけでいただきました。

まず、封を開けた時。
「んん?いつもの強烈な臭いがしないぞ」と。

鮒ずしと言えば、あの臭いで、ある意味有名で、
私も封を開けてお皿に移したら、すぐにラップをかけていました。

しかし、飯魚さんのものは「クサい」とは感じません。
ラップせずに外に出していても漂ってこないんです。

もしかしたら、あの「クサい」臭いは、
本来の乳酸菌発酵からとは違うものなんかな、と感じました。


でも、ひと口カキ込むと、
「鮒ずし」独特の酸っぱ味と風味が(^^)。

この酸っぱ味と風味が、私としてはたまらなく好きなんです。


今日、食べたのはオスの方。
玉子もついているメスの方は、明日弟とともにいただきます!



今日もお読みいただきありがとうございました。
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。