hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2012年01月25日

『知的資産経営』課外講座(笑)

こんにちは!谷田です。

今日は丸一日、
湖北に知的資産経営ヒアリングで出てまして、
夜、最終的に長浜でゆっくりとした時間を過ごした谷田です。


長浜で何をしていたかと言いますと、
滋賀県立大学の授業「地域探求学」のカリキュラムである地域人訪問で
ウチに訪問してくれた学生2人に、
せっかくの機会なので、
「知的資産経営」ってどんなものなのか、現場に来て見てもらったわけです。

学生とともにお伺いしたのは、
『知的資産経営報告書』作成中の有限会社まるさ様の経営する
焼肉店「近江牛本家まるさ」
http://www.ohmibeef.com/

もちろん中嶋社長には承知していただいた上で。


学生には店内に入る前から、無茶ぶりで、
「あとで最低5コは良いところを挙げて」と課題を出し、
実際に出してもらいました。

社長にヒアリングするわけではなく、
深いところまでは当然ながら出るはずもありませんので、
感じるままを述べてもらいました。


出てきた「良いところ」(私が忘れていないもの)
・内装がオシャレ
・備長炭、七輪、カウンターあり、ワイン棚あり等
・黒板による特別メニュー配置など商品についてすぐに説明
・召し上がらせ方のこだわり
・有名人が来たことをアピール⇒ステータス感・安心感
・近江牛A-4〜A-5ランクしかおいていない
・掘りごたつ・音楽など落ち着いてゆっくり食べられる。
などなど。

それに対して私も納得、と。

その上で、
では、なぜそれらが感じられるのか?

それを感じられるようにしている
仕組みや努力やノウハウ・ネットワーク等が知的資産なんだ、と。

あとは現状で話せる範囲で知的資産の中身をお話ししました。


頷いてくれていたので、
たぶんスッと入ってくれたかなと思います(^^)


中嶋社長・従業員の皆さん
ご協力ありがとうございました!
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。