hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2012年01月23日

滋賀県による『公的資金制度説明会』のお知らせ

皆さん こんにちは。
谷田です。


今日は、
(公財)滋賀県産業支援プラザからのお知らせから――


2月6日、コラボしが で『公的資金制度説明会』が開催されます。

詳細はコチラ↓↓
http://www.shigaplaza.or.jp/kouteki-shikin/

経済産業省と滋賀県の制度の説明会です。

【経済産業省】
 ・「国内企業立地推進事業費補助金」
 ・「課題解決型医療機器等開発事業」
 ・「地域イノベーション創出実証研究補助事業」
 ・「戦略的基盤技術高度化支援事業」

【滋賀県】
 ・「中小企業技術開発プロジェクト補助金」


公的資金制度の近年の特徴として、
研究開発資金をただ出すということだけでなく、
周辺の企業や大学等との連携を図ることを念頭に置いているものを
よく見かけます。

2社以上の共同研究に対するものや、
サプライチェーンに連なっている企業グループに対するものとか。

東北の復興支援でも、そのような
「企業グループ」に対して資金が下りる制度がありますね。
(申請書類が多くて大変。申請から資金が下りるまで時間がかかるといった批判はありますが)

「連携して研究開発したい!」
という企業は挑戦してみても良いかと思います。


今日もお読みいただき、ありがとうございました!
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 中小企業お役立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。