hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2011年12月10日

当事務所を滋賀県立大生が「地域人」訪問

地域人訪問最初.JPG地域人コーヒーブレイク.JPG
こんばんは。谷田です。

今日は大学生が、当事務所を訪問。
滋賀県立大学のTさんとY君です。

県立大学は地域で様々な活動をしている方を
「地域人」と名付け、講義の一環で学生が
・どんな活動をしているのか
・その活動の意味は何か
・強みは何か
などなどをヒアリングしに来られるというわけです。


私の場合は、やっぱり「知的資産経営」の支援活動について。

「知的資産」「知的資産経営」とは何かに始まり、
これまでの支援事例、
知的資産経営の効果などもお話ししました。


資料もちゃんと準備したので、なんとか伝わったかな。


1月には、二人のそれぞれがヒアリングレポートを、
私にも提示してくれるそうなので、楽しみです。

ちなみに二人とは、日程が合えば年明け、
「焼肉店の知的資産を探り出そう!」という名目で(笑)
焼肉を食べに行きます!
posted by 知的資産経営ナビゲーター at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。