hearing01.jpg
“より精度の高く” “より客観的な”
「知的資産経営報告書」作成をお助けできるよう
アドバイザー複数体制で臨んでいます。

2010年06月06日

知的財産管理技能検定

今日は、京都大学 吉田キャンパスまで行ってきました。

「知的財産管理技能検定」の受検です。

試験の詳細はこうたんさんのブログが詳しいですわーい(嬉しい顔)
http://koutannikki.seesaa.net/article/152442738.html


なぜこの検定を「知的資産」経営のサポーターである私たちが
受けようと思ったかですが――

企業にある知的資産は、
・知的財産権(特許、商標、意匠、著作権など)
・知的財産(ブランド、ノウハウなど)

も含んでいます。

なので、知的資産経営のサポートをする中では、
それら知的財産に関する広い知識も必要になるわけで。

実際に、これまで私たちがサポート経験でも、
知的財産権に関わるトラブルの予防や
ブランドをどう確立していくか、
ノウハウをどう保護していくか(営業秘密)、

といった課題は、出てきています。

それらの知識は経験や以前からの学習でも
一定身につけてきましたが、
今回はその担保ということです。


ちなみに
知的資産経営を率先してすすめてこられた
大阪府行政書士会でも、
知的財産管理技能士の資格取得を勧めておられます。


明日午後には解答が発表されるとのこと。
合格してますようにひらめき


【ランキングに参加しています】
↓↓↓更新の励みになります。応援よろしくお願いいたします晴れ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

【こちらも応援よろしくお願いいたします】
blogram投票ボタン


posted by 知的資産経営ナビゲーター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的資産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。